「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

見逃せない!ジャパンラグビー・トップリーグの情報まとめ

2017 5/8 19:55m-wataru
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 THPStock/Shutterstock.com

ジャパンラグビー・トップリーグは、社会人ラグビーチームによる全国リーグだ。 日本一のラグビー社会人チームを目指し、白熱した試合が行われている。
こちらでは、2016-2017シーズンに注目してジャパンラグビー・トップリーグの情報をお伝えする。

ジャパンラグビー・トップリーグとは?

ジャパンラグビー・トップリーグは、2003年に開幕した15人制ラグビーの全国リーグだ。トップリーグには全国各地から16チームが参加しており、高レベルな試合が繰り広げられている。
また、トップリーグの下には地域リーグが存在しており、トップリーグ下位チームと地域チーム上位チームによって、毎年入れ替えが行われてきた。2017-2018シーズンからは、地域リーグの上に新たにトップチャレンジリーグが創設される。

ジャパンラグビー・トップリーグ2016-2017シーズンの結果

トップリーグ2016-2017シーズンでは、例年行われていたプレーオフが行われず、総当たりリーグ戦の成績のみで順位が決められた。
リーグ戦の結果、1位はサントリーサンゴリアスだった。15試合すべてに勝利しての圧巻の優勝となった。2位はヤマハ発動機ジュビロで、こちらは15戦のうち14試合で勝利を収めた。3位はパナソニックワイルドナイツで13勝、4位は神戸製鋼コベルコスティーラーズで10勝だった。

ジャパンラグビー・トップリーグ2016-2017個人タイトル獲得者

2016-2017シーズンのリーグ戦MVPは、優勝したサントリーサンゴリアスから中づる隆彰(なかづるたかあき)選手が選ばれた。中づる選手はベスト15のウィングにも選出されており、最多トライゲッターになるなど、3つのタイトルを獲得している。
得点王のタイトルは、同じくサントリーサンゴリアスから小野晃征(おのこうせい)選手が獲得している。19歳から日本代表選手に選ばれた小野選手は、2012年に同チームに入団した。

ジャパンラグビー・トップリーグ2016-2017チーム入れ替え情報

2016-2017の入れ替え戦はすでに終了しており、これにより、2017-2018シーズンのトップリーグ参加チームが決定した。
新たにトップリーグ昇格が決定したのは、NTTドコモレッドハリケーンズだ。トップチャレンジシリーズ・トップチャレンジ1の総当たり戦で1位となり、そのまま自動昇格となった。チャレンジリーグ降格になったチームは、Honda HEATだ。トップリーグで16位になった時点での自動降格だった。
その他、入れ替え戦が3試合行われているが、3試合共にトップリーグ在籍チームが勝利したため、昇格はNTTドコモレッドハリケーンズのみということになった。

ジャパンラグビー・トップリーグ2017-2018シーズンの大会方式

ジャパンラグビー・トップリーグ2017-2018シーズンの大会方式は、トップリーグに参加する16チームを2つのカンファレンスに分けた総当たりリーグ戦に決定した。別カンファレンスのチームによる交流戦も予定されている。
また、2016-2017には行われなかったプレーオフの開催も決まっている。こちらは、各カンファレンスの上位2チームによる計4チームのトーナメントで、トップリーグ総合1位を決めることになっている。

まとめ

ジャパンラグビー・トップリーグの情報まとめをお伝えした。 2017-2018シーズンの大会方式の変更には、ラグビー日本代表の強化が念頭に置かれており、社会人チーム全体の活性化にも期待できる。
来シーズンも選手たちの熱い戦いを応援しよう。

関連記事

おすすめの記事