「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ウィルチェアーラグビー日本代表の注目選手をご紹介!

2017 5/8 19:55m-wataru
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 wahho.jp

ウィルチェアーラグビーは2000年のシドニーパラリンピックから公式競技に採用された。 2020年東京パラリンピックでも競技実施が決定しており、日本代表選手によるメダル獲得が期待されている。 ここでは、ウィルチェアーラグビー日本代表でも注目の選手を5人紹介する。

ベテランのディフェンダー岸 光太郎選手

岸 光太郎選手は、ウィルチェアーラグビーチームのAXE(アックス)に所属。1996年から20年以上もウィルチェアーラグビーを続けているベテラン選手だ。岸選手の障がいの程度を基に定められる持ち点は0.5点で、この点数は7段階で決められる点数の中で最も障がいが重いことを示している。
両手を高く上げることすら困難な岸選手は、試合では敵の得点を阻む守備の役割を担当している。相手の動きを先読みして、攻撃を防ぐ技術に定評がある。

リオ大会のキャプテン池 透暢選手

池 透暢(いけ ゆきのぶ)選手は、19歳の時に交通事故で障がいを負った。もともとバスケットボールに親しんでいたこともあり、ウィルチェアーラグビーでは正確無比なロングパスを得意としている。2016年に行われたリオデジャネイロパラリンピックでは、日本代表のキャプテンを務め、銅メダル獲得に貢献した。
持ち点は3.0点と比較的障がいの度合いは軽く、2020年の東京パラリンピックでは攻撃の機転となるようなパスワークに期待大だ。

おすすめの記事