「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックの正式種目!ウィルチェアーラグビーをご紹介!

2017 5/8 19:55m-wataru
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rob van Esch/Shutterstock.com

ウィルチェアーラグビーは障がい者スポーツの中でも最も激しい種目の1つと言われている。 車いす同士の激しいタックルが醍醐味でもあるが、実際にはどのような競技なのだろうか? ウィルチェアーラグビーの見どころなど紹介する。

ウィルチェアーラグビーとは?

ウィルチェアーラグビーは、車いすを使用したラグビーだ。しかし、車いすなしのラグビーとはルールがかなり異なり、車いすバスケットボールにより近い競技であると言える。
ボールは、バレーボールと同程度の大きさのものを使用し、ボールを保持して相手陣地内のゴールラインを越えると得点を獲得できる。また、膝にボールを乗せた状態での移動が認められており、車いすなしのラグビーと違い、前方向へパスを出すこともできる。

パラリンピックにおけるウィルチェアーラグビーの沿革

パラリンピックにはじめてウィルチェアーラグビーが登場したのは、1996年のアトランタパラリンピックだった。その際はデモンストレーション競技として披露され、正式種目ではなかった。
2000年のシドニーパラリンピックにおいて、初めてウィルチェアーラグビーが正式競技として認められ、以後パラリンピック競技に定着した。2020年の東京パラリンピックでも、すでに競技実施が決定している。

おすすめの記事