「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年1月に決勝が行われた高校ラグビー花園の情報まとめ!

2017 3/16 09:28miyanoki-wataru
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 THPStock / Shutterstock.com

全国高校ラグビー大会、通称「花園」は、1918年に第1回大会が開催されました。 高校生によるラグビーの大会としては、長い歴史のある競技会として知られています。 2017年1月には第96回となる花園の決勝戦が行われました。こちらでは、そんな花園の情報をまとめてご紹介します。

第96回全国高校ラグビー大会(花園)の概要

第96回全国高校ラグビー大会は、各県を代表する51校のチームによるトーナメント形式で行われました。基本的に各県につき代表校は1校ですが、東京都からは2校、大阪府から3校、北海道からは南北海道と北北海道に分かれて2校が出場しています。
また、大会は、2016年12月27日に1回戦が行われて、2017年元日に行われた3回戦でベスト8が出揃いました。その後、準々決勝、準決勝、そして2017年1月7日に決勝戦が行われています。

第96回大会の結果は?

第96回大会では、決勝戦で福岡県代表の東福岡高等学校と大阪府代表の東海大仰星高等学校が対戦しました。第94回大会の優勝校である東福岡と第95回大会の優勝校である東海大仰星が対決するということで注目が集まりましたが、結果は東福岡が勝利し、花園では通算6度目の優勝を手にしました。
準決勝で東福岡と対戦した奈良県代表の御所実業高等学校と、東海大仰星と対戦した神奈川県代表の桐蔭学園高等学校がベスト4になっています。

おすすめの記事