「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

7人制ラグビー(セブンズ)東京オリンピックに向けて

2017 1/25 19:28
ラグビー 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio/Shutterstock.com

2016年のリオ五輪から正式種目に追加された7人制ラグビー、セブンズ。次回の東京オリンピックに向けて、日本はどのような歩みを進めていくのだろうか?リオ五輪をおさらいし今後の課題をまとめた。

7人制ラグビー(セブンズ)のリオ五輪での活躍

7人制ラグビー正式種目に追加された2016年リオ五輪、日本は男女共にアジアを勝ち抜き出場権を獲得。 男子は予選プール初戦、ラグビー強豪国のニュージーランドに14-12で歴史的勝利を挙げ、NZのラグビーファンや海外メディアまでもが衝撃を伝えた。
そして予選を勝ち抜き、準々決勝、3位決定戦をへて4位と世界ランク15位から大躍進をとげる。 女子は予選プール突破ならず、12位中10位で五輪を終えた。しかしながら、プロリーグがない女子ラグビーは選手全員が会社員や大学生・母親などを兼任しているメンバーばかり。ラグビー日本代表と仕事、二つを両立していた。

7人制ラグビー(セブンズ)と15人制ラグビー

リオ五輪での男子日本代表の躍進に先駆けて、15人制ラグビーの活躍があった。五郎丸選手のルーチーンが大きな話題になった。
ラグビーワールドカップ2015、15人制ラグビー日本代表はグループリーグ初戦、ラグビー強豪国で世界ランク3位の南アフリカ戦を34-32で勝利した。その後、スコットランド戦には敗れたものの、サモア戦・アメリカ戦で勝利、得失点差で一次リーグ突破は果たせなかったが、この日本代表の活躍は海外メディアに「W杯史上1番の衝撃」「番狂わせ」「最強の敗者」と報道されるほどだった。

おすすめの記事