「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

7人制ラグビー(セブンズ)女子日本代表の活躍と今後の躍進

2017 1/25 19:28
ラグビー 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.scoopnest.com/

2016年リオ五輪から正式種目に認定された7人制ラグビー、セブンズ。サクラセブンズの愛称を持つ女子日本代表のアジア予選・リオ五輪での戦いぶりと今後への期待をまとめた。

7人制ラグビー(セブンズ)女子日本代表vs中国

リオ五輪7人制ラグビーアジア予選初戦、女子日本代表は中国と対戦した。 女子のアジア予選は、第一戦が香港、第二戦が日本で開催され、チーム総当たり戦を勝ち抜いた1地域のみがリオ五輪へ進出す。
厳しい道のりだがサクラセブンズは第一戦で優勝しているため、第二戦に6ポイントを持ちこしてのスタートだ。 第一戦2位のカザフスタンは5ポイントを所持、また、初戦の中国は第一戦を5-12で負けた相手、気は抜けない。 結果は20-7で見事香港大会の借りを返した。

7人制ラグビー(セブンズ)女子日本代表vsグアム・香港

リオ五輪7人制ラグビーアジア予選、初戦の中国に勝利し勢いに乗る女子日本代表はグアム戦、香港戦にのぞむ。 日本大会一日目で3試合、前後半7分ずつとはいえハードな戦いだ。 グアムは第一戦の香港大会でも大勝していた相手、今回も7トライを決める圧倒的な試合運びで39-0と完全勝利する。
次いで一日目最後の試合は香港代表との戦いだ。27-5で勝利したものの、サクラセブンズは連戦の疲れが出たのか、ペナルティを多数出す、セットプレーやディフェンスで制裁を欠くなど、課題が残る試合になった。

おすすめの記事