「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

7人制ラグビー(セブンズ)男子日本代表の活躍と今後の躍進

2017 1/25 19:28
ラグビー 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mai Groves/Shutterstock.com

2016年リオ五輪から正式種目に認定された7人制ラグビー、セブンズ。セブンズジャパンの愛称を持つ男子日本代表のリオ五輪での戦いぶりと今後への期待をまとめた。

7人制ラグビー(セブンズ)男子日本代表vsNZ

リオ五輪7人制ラグビー男子予選プール初戦、男子日本代表はセブンズの強豪国であるニュージーランドと対戦した。 日本は予選プールC、4か国中2位以内であれば予選突破確実、本戦へ進めるという状況だった。 これまでの日本vsNZの対戦成績は16戦すべてが日本の負けだったが、14-12で初勝利を納めた。
日本のセブンズ史上まれにみる大金星は世界を震撼させ、NZのファンをはじめ海外メディアまでもがセブンズジャパンに驚いた。日本の7人制ラグビーが強豪国に通用すると知れ渡った歴史的一戦だ。

7人制ラグビー(セブンズ)男子日本代表vsケニア

五輪7人制ラグビー男子予選プール3戦目、男子日本代表はケニアと対戦した。 この時点で日本は1勝1敗、予選プールCの3位。予選突破に向けて勝ち点がほしい一戦だ。 日本は積極的な攻撃でトライを5つ取り、守りでは素早い動きでケニアを翻弄、31-7で圧勝する。 これで日本は2勝1敗、プール1位のイギリスに次ぎ2位で予選を突破した。
初戦で日本に負けたNZは3位、他プールとの兼ね合いでギリギリ本戦進出、セブンズジャパンの活躍によって前評判が覆された瞬間だった。

おすすめの記事