「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

7人制ラグビー(セブンズ)の強豪国ベスト5

2017 1/25 19:28
ラグビー フィジー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn/Shutterstock.com

今注目されている競技、7人制ラグビー(セブンズ)。強豪国はいったいどこなのだろうか?2015-16シーズンの成績上位国や2016年リオ五輪の優勝国など、上位5か国を厳選してお届けする。

7人制ラグビー(セブンズ)の強豪国オーストラリア

オーストラリアは7人制ラグビー(セブンズ)の強豪国で、国際大会であるワールドラグビーセブンズシリーズを持ち回りで開催する10か国の一つにも選ばれている。
2015-16の同大会では男子世界ランキング4位、女子世界ランキング1位と男女共にセブンズが盛んだ。 また、2016年リオ五輪ではオーストラリア女子が優勝し、初代五輪女王に輝いたことでも話題になった。 元々オーストラリアでは7人制でも15人制でもなく、13人制(NRLスタイル)のラグビーが主流だった。人数の違いはあれど、ラグビー自体は人気のスポーツであり続けているようだ。

7人制ラグビー(セブンズ)の強豪国ニュージーランド

ニュージーランドは7人制ラグビー(セブンズ)の国際大会であるワールドラグビーセブンズシリーズを持ち回りで開催する10か国の一つだ。
2015-16の同大会では男子世界ランキング3位、女子世界ランキング2位とセブンズの強豪国だ。 2016年のリオ五輪では男子日本代表がニュージーランドに勝利したことが大きな話題となった。ラグビーを知らない方にはピンとこないかもしれないが、これは「歴史的な大金星」「奇跡」「番狂わせ」と称されるほど意外な結果だ。セブンズラグビーランキング男子五輪シード番号では、ニュージーランドが3番に対し日本は10番と、前評判を覆すものだった。

おすすめの記事