「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

7人制ラグビーとは?セブンズのルールや魅力

2017 1/25 19:28
ラグビー セブンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia / Shutterstock.com

7人制ラグビーをご存知だろうか?一般的にラグビーといえば15人で行うが、約半分の7人で行うセブンズというラグビーがあるのだ。2016年のリオ五輪から正式種目にもなったセブンズの基本ルールや魅力を紹介する。

7人制ラグビー(セブンズ)の基本ルール

7人制ラグビーであるセブンズには、15人制ラグビーとは異なる基本ルールがある。
例えば試合時間、15人制ラグビーが前後半40分ずつであるのに対し、セブンズは前後半7分ずつ、決勝戦のみ前後半10分で行う。
ペナルティキックやトライ後のキックでは、15人ラグビーがプレースキックを多用するのに対し、セブンズではドロップキックのみになっている。
また、キックオフは正反対で、15人ラグビーではトライをとられた方がキックするが、セブンズではトライをとった方がキックする。

7人制ラグビー(セブンズ)の仕組み

7人制ラグビーのポジションは、フォワード(FW)が3人、バックス(BK)が4人だ。
フォワードはプロップ(PR)が2人とフッカー、バックスはスクラムハーフ(SH)・フライハーフ・センター(CTB)・ウィンガ?/フルバックで構成されている。
15人制ラグビーとは人数が違うので当然スクラムを組む人数も違う。15人制ラグビーが8人に対しセブンズは3人ずつだ。
交代選手としてベンチ入りできるのは5名までとなっている。

おすすめの記事