「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

子どもにラグビーをやらせたい3つの理由

2016 10/17 10:21
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Paolo Bona / Shutterstock.com

2015年のワールドカップ以降、ラグビー人気が復活したようで、子ども向けスクールでは、受け入れを見合わせているチームも出てきた。ラグビーを習う子供はどのような変化を遂げるのだろうか。また習わせた方がいい理由は何なのだろうか。

ラグビーのイメージ

屈強な男たちが防具も付けない生身の体で、ぶつかり合いボールを奪い合う。またグラウンドを端から端まで軽やかに走る。ラグビーのイメージといえば、そのような感じではないだろうか。
「体が大きく足が速くないとラグビーは向かない」と思うだろう。確かに体型はラグビーにとっては重要な要素の1つだ。しかし、それ以上に「ラグビーが面白い!」「ラグビーが好き!」という気持ちが重要なのだ。体より心の強さが求められるスポーツなのである。

ラグビーにはどんな体型が向いているのか

ラグビーに向いている体型。それは「全て」だ。
15人でプレーするラグビーは、左右も含め10のポジションがある。それぞれのポジションに向く体型や性格は確かにあるが、子供が習う場合は大人よりも体型が年々変化していくため、ポジションチェンジをする可能性が大きい。なので、変化する「体型」よりも変わらない「気持ち」が大事だ。強い気持ちさえ持っていればずっと続けていけるスポーツなのだ。

おすすめの記事