「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初めて観戦するときに知っておきたい、ラグビーのルール

2016 10/17 10:21
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia / Shutterstock.com

ラグビーに興味を持ち始めた方へ。初めて観戦するときでも楽しみたい人のために、最低限知っておきたいルールをお伝えします。

ラグビーは、陣地を取り合うスポーツ

ラグビーでよく見るのが、タックルを避けながら、相手チームの最終エリアまで駆け抜けてボールを置く場面です。最終エリアまでにボールをいかに置くことができるかどうかが、ラグビーの見どころとなっています。
初めて観戦に行くとき、ルールが分からないと、いつの間にか点数が入っていることが多いです。盛り上がる瞬間を知っておくだけで、ラグビー観戦がとても楽しくなります。
まずは、ボールを相手陣地の最終エリアまで運ぶのがラグビーの目的だということを知っておきましょう。

ラグビーの人数と基本ルール

ラグビーは、1チーム15人の競技です。オリンピックには「7人制ラグビー」と呼ばれる少人数ラグビーがありますが、トップリーグがある日本のラグビーは15人が基本です。
試合の展開は、攻撃側がパスでボールを前に運びます。守備側はタックルで相手を倒します。タックル成功で相手がボールを落とせば、仕切り直しでボールの奪い合いが始まります。
攻撃側か守備側かが決まるボールの奪い合いは、スクラムと呼ばれるフォーメーションで決めることになります。

おすすめの記事