「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初めて観戦するときに知っておきたい、ラグビーのルール

2016 10/17 10:21
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia / Shutterstock.com

ラグビーに興味を持ち始めた方へ。初めて観戦するときでも楽しみたい人のために、最低限知っておきたいルールをお伝えします。

ラグビーは、陣地を取り合うスポーツ

ラグビーでよく見るのが、タックルを避けながら、相手チームの最終エリアまで駆け抜けてボールを置く場面です。最終エリアまでにボールをいかに置くことができるかどうかが、ラグビーの見どころとなっています。
初めて観戦に行くとき、ルールが分からないと、いつの間にか点数が入っていることが多いです。盛り上がる瞬間を知っておくだけで、ラグビー観戦がとても楽しくなります。
まずは、ボールを相手陣地の最終エリアまで運ぶのがラグビーの目的だということを知っておきましょう。

ラグビーの人数と基本ルール

ラグビーは、1チーム15人の競技です。オリンピックには「7人制ラグビー」と呼ばれる少人数ラグビーがありますが、トップリーグがある日本のラグビーは15人が基本です。
試合の展開は、攻撃側がパスでボールを前に運びます。守備側はタックルで相手を倒します。タックル成功で相手がボールを落とせば、仕切り直しでボールの奪い合いが始まります。
攻撃側か守備側かが決まるボールの奪い合いは、スクラムと呼ばれるフォーメーションで決めることになります。

攻撃側と守備側でのルール

攻撃側はパスでボールを前に運びますが、ボールを前に投げるのは禁止となっています。これは、スローフォワードと呼ばれるルール違反なので、ペナルティーで相手チームが攻撃側になります。また、ボールを前に落としてもいけません。ノックオンと呼ばれるルール違反で、こちらもペナルティー扱いになります。
守備側のルールは、ボールを持っている選手のみタックルが可能です。パスした後に、そのままボールを持っていない選手にタックルをしてしまうと、ペナルティーになります。この場合、相手チームにペナルティーキックが認められます。

ラグビーの試合時間と点数について

ラグビーは前半40分、後半40分の合計80分で試合が行われます。
相手陣地の最終エリア(インゴール)にボールを置くことができれば、5点入ります。ラグビー用語で、トライ5点になります。ラグビーの醍醐味は、トライ5点が決まれば、ゴールキックのチャンスがあります。このゴールキックが成功すれば追加で2点入るので、一度に合計7点入ります。
ラグビーの点数が入る瞬間は、この他にもあります。ペナルティーからのキックでゴールすれば、3点入ります。ワンバウンドしたボールをキックしてゴールすれば、2点入ります。

ラグビーのポジションはどうなっているの?

ラグビーは、フォワードとバックスのポジションに分かれています。フォワード8人、バックス7人であり、サッカーのようにこの人数を調整することはルール上難しいです。
仕切り直してボールを奪い合うスクラムには、フォワード8人が関わる必要があります。バックスはスクラムを組んでいる後方で、チームが守備側に回ったときにいつでもタックルできるポジションとなっています。
フォワードはフロント・セカンド・サードがあり、スクラムの最前線で活躍するのがフロントになります。
バックスはハーフ・スリークォーター・フルバックがあり、スクラムに近いほうがハーフになります。

まとめ

いかがでしょうか?ラグビーの基本を押さえれば、観戦するのがもっと楽しくなります。ぜひ観戦しながら、選手がどういう動きをしているのかも確認してみてください。

関連記事

おすすめの記事