「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者向け大学ラグビーのレベルと観戦ガイド

2016 10/17 10:21
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis / Shutterstock.com

2015年のラグビーW杯で一躍脚光を浴びたラグビーですが、以前から根強い人気を誇るのが大学ラグビーです。大学ラグビーが国内のラグビー界にとってどんな位置付けで、海外とのレベル差はどれほどあるのかを紹介していきます。

大学ラグビーの強豪校

大学ラグビーは伝統的に、関西よりも関東の学校の方が強い傾向にあります。実際に、学生の頂点を決める大学選手権では早稲田、明治、帝京、関東学院の次に同志社がラインクインする程度です。
その同志社に至っても、最後に優勝したのは1984年(80、82、83年と合わせて計4回)とかなり昔のことです。直近では天理大学が2011年に準優勝していますが、関東とのレベル差を埋めるには至っていません。
近年の関東ラグビーは帝京大学が最も強いのですが、伝統校の早慶明の3校は別格であり「早慶戦」「早明戦」などの伝統の一戦は盛り上がります。

ラグビートップリーグへの人材を多数輩出

国内最高峰リーグであるトップリーグはラガーマンの憧れでもありますが、どの大学がトップリーガーを最も輩出しているのでしょうか。
トップリーグの2014年度における選手の出身大学を集計すると、トップは帝京(55人)、2位は関東学院と東海(49人)、4位早稲田(48人)、5位明治(43人)、6位同志社(32人)、8位筑波(31人)、9位流通経済(23人)、10位立命館(20人)、11位は慶応義塾と大阪体育(19人)となっています。
近年では無類の強さを誇る帝京の他にも大学選手権で優勝経験のない東海大(準優勝は09、15年の2回)や流通経済大、立命大からも多数のトップリーガーが生まれているようです。

おすすめの記事