「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

外人選手が活躍する!日本ラグビートップリーグ

2016 10/17 10:21
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia/Shutterstock.com

ジャパンラグビートップリーグは、16チームの全国の社会人の強豪が集まり、日本ラグビーの活性化を目指しています。2016年現在では、日本代表に10人の外人選手が選出されています。ここでは、祖国ではなく、日本で活躍する外人選手を紹介します。

日本で活躍する外人ラグビー選手

外人選手が、日本代表になるためには条件があります。「出生地が日本であること」、「両親または祖父母のうち一人が日本人であること」、「日本に3年以上継続し、移住中であること」のうち一つを満たさなければなりません。
また、幼い頃からラグビーを続けている選手もいるため、祖国ではなく日本を選び、活躍する精神面も必要となります。
日本代表の五郎丸歩選手は、そんな彼らを「日本を背負い日本のために戦う最高の仲間」と称賛しています。

「自分は外人選手ではない」 大和魂を持つホラニ龍コリニアシ選手

ホラニ龍コリニアシは、188cm、112kgのトンガ出身の選手です。彼の伯父も元日本代表のラグビーです。しかし、彼は、16歳のとき日本に留学するまでラグビーの経験はほとんどなく、吹奏楽でトロンボーンを吹いていました。
日本でラグビーを始め、2007年に日本国籍を取得しました。日本で成長することができたため、外国人だと思っていないそうです。日本で戦うという思いから左腕には「大和魂」のタトゥーがあります。

おすすめの記事