「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鈴鹿(三重)がホームのラグビーチーム「HEATHonda」とは?

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

ラグビーに興味がある方へ。トップリーグで活躍するチームをもっと知りたい人のために、今回は鈴鹿(三重)がホームの「HEATHonda」を紹介します。

HEATHondaってどんなラグビーチーム?

HEATHondaとは、本田技研工業株式会社鈴鹿製作所のラグビー部のことです。現在、日本で一番上のトップリーグで活躍する強豪ラグビーチームです。鈴鹿(三重)がホームであり、クラブカラーは黒となっています。「HEATHonda」という名前は、会社名と熱い思いを組み合わせたことが由来だそうです。
熱い心が全ての原点であり、HEATHondaに関わる全ての人と熱さを共有したい気持ちがチーム名となっています。地域貢献も盛んなラグビーチームです。

HEATHondaの歴史

1960年に、HEATHondaは鈴鹿製作所のラグビー同好会として活動が始まりました。翌年、ラグビー部として協会登録をしたため、三重県社会人リーグに参加するようになりました。最初はリーグ下位からのスタートでしたが、関西リーグで活躍するようになり、1978年には全国ベスト8に選ばれました。
その後、2009年に初のトップリーグに昇格しましたが、すぐに降格してしまいます。2013年と2014年のトップウエストAリーグで優勝を果たし、現在では再びトップリーグで活躍しています。

波瀾万丈のラグビーチーム

トップリーグの降格と昇格を経験しているHEATHondaは、多くの試合数をこなして強豪チームの仲間入りを果たしました。2014年にトップリーグ昇格が決定して、これから伸び上がると誰もが予想していた時期に、チームメンバーの訃報がありました。フォワードポジションのタリフォラウ・タカウ選手が2015年11月28日に急逝しました。トンガ出身の彼はHEATHonda在籍4年目の、27歳という若さでこの世を去りました。
大切な仲間を失いましたが、つらい思いを乗り越えて現在もHEATHondaは活躍しています。

鈴鹿(三重)がホームのHEATHondaは、イベントも多い

ラグビーのトップリーグで活躍していながらも、地域貢献を欠かさず行っているのがHEATHondaの特徴です。イオンモール鈴鹿では、ラグビーをやったことがない人向けのイベントを2015年に開催しました。当日はファンだけではなく、ラグビーを知らない人も多く集まったそうです。
地元とのつながりを大切にするチームだからこそ、ここぞというときの強さがあるのかもしれません。その他、千代崎海岸でビーチクリーン活動を行うなど、社会貢献もしっかりしています。

オリンピック選手も輩出するHEATHonda

2016年のリオオリンピックでは、HEATHondaに所属している「後藤駿弥選手」と「レメキロマノラヴァ選手」が代表メンバーに選ばれました。世界に通用するレベルの選手がチームにいることで、HEATHondaの勢いはとどまることを知りません。2016年1月23日に東大阪市花園ラグビー場で行われた「クボタスピアーズ戦」では、45対38で勝利を収めました。
2016年6月18日の「クボタスピアーズ戦」でも、敵地のクボタ船橋グラウンドでありながら、43対20で勝利しました。HEATHondaは、トップリーグでも安定した強さがあります。

まとめ

いかがでしょうか?HEATHondaは地域貢献が盛んな勢いのあるチームです。地元の鈴鹿(三重)に愛されながら、今後のトップリーグでも活躍していくでしょう。

以上「鈴鹿(三重)がホームのラグビーチーム「HEATHonda」とは?」でした。

関連記事

おすすめの記事