「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

太田(群馬)がホームのラグビーチーム、パナソニックワイルドナイツをもっと知ろう

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

群馬県太田市をホームに活動するラグビーチームのパナソニックワイルドナイツを知っていますか?ラグビーはあまり知らないよという方へ、ぜひ知っておきたい地域密着のラグビーチームを紹介します。

パナソニックワイルドナイツって?

パナソニックワイルドナイツは、日本の社会人ラグビー最高峰のリーグであるジャパンラグビートップリーグに参戦しているラグビーチームです。トップリーグでも4回の優勝を誇る強豪として知られ、もともとは三洋電機ワイルドナイツという名称で活動していましたが、2011年に三洋電機がパナソニックの傘下になったことから、パナソニックワイルドナイツという名称に変わっています。日本代表で活躍する選手も擁する大注目チームのひとつです。

パナソニックワイルドナイツの歴史

1960年に東京三洋電機ラグビー部として創部したのが始まりです。当時の関東社会人リーグに所属して活動を続けますが、三洋電機本社が東京三洋電機を吸収合併したのを受けて、正式名称を三洋電機ラグビー部に改称しました。1988年からは東日本社会人リーグに参戦しますが、リーグ優勝は果たせず「シルバーコレクター」と呼ばれることになります。
2003年のトップリーグ参戦にあたり、野武士集団というニックネームを英語にした「ワイルドナイツ」に名称を変更しました。

パナソニックワイルドナイツ、トップリーグでの戦績

2003年のトップリーグ参戦後は、3年目でリーグ2位に入るなど順調に力を発揮し始めました。その後もリーグ戦で1位、2位の常連となっていきますが、なかなかプレーオフで勝てずにリーグ優勝を逃すシーズンが続き、シルバーコレクターという名前に甘んじる状況は変わりませんでした。
しかし、2010年シーズンに念願のリーグ優勝を果たすと、2013、2014、2015年シーズンには3連覇を果たすなど、シルバーコレクターの名前を返上する活躍を見せています。

パナソニックワイルドナイツの注目選手

ワイルドナイツの注目選手といえば、日本代表でも活躍する堀江翔太選手です。ポジションはスクラムの要であるフッカー(HO)を務めます。前日本代表ヘッドコーチであるエディ・ジョーンズからも「世界で最もスキルがあるフッカーの一人であることは疑いがない」という評価を受けています。
堀江選手以外にも、ホラニ龍コリニアシ選手、田中史朗選手などの日本代表で活躍する選手や、オーストラリアや南アフリカの代表級の選手を抱え、世界レベルのプレーを堪能できます。

パナソニックワイルドナイツを見に行こう!

ワイルドナイツの公式サイトでは、公式戦をはじめ練習試合やトレーニングのスケジュールを確認できるようになっています。群馬県太田市を中心に活動していますが、公式戦では東京、大坂、兵庫、福岡、愛知などいろいろな場所で試合を見ることができるので、地元以外の人もチャンスがあります。
シーズンオフには地元でファン感謝祭も開かれ、選手たちのスクラム実演や新人紹介、ビンゴ大会などで盛り上がります。細かいルールはともかく、鍛えぬいた選手たちの熱いプレーをぜひ生で感じてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ラグビーの母国イングランドで行われた第8回のワールドカップでは日本代表が旋風を巻き起こし、感動を与えてくれました。ルールを知っている人も知らない人も関係なく、全力でプレーする姿は人を引き付けます。日本のトップリーグではそんな日本代表選手も参加しています。ぜひ地域で活動する選手たちを応援してください!

以上「太田(群馬)がホームのラグビーチーム、パナソニックワイルドナイツをもっと知ろう」でした。

関連記事

おすすめの記事