「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者でも分かるボート競技のルールと用語

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ChaiyonS021 / Shutterstock.com

水上でスピードを競い合うボート競技。 一見単純そうに見えるこの競技にも、さまざまな種目やルールがあり、ハイレベルなレースの中に複雑な要素が含まれているのです。 そこで今回は、初心者の方向けに、ボート競技の基礎知識をご紹介します。

ボート競技って?

ボート競技は、水上の一定の距離をボートに乗ってオールで漕ぎ進める速さを競い合うスポーツです。
かつては貿易などの交通手段として使われていたボートですが、1900年の第2回パリオリンピックから競技として開催されるなど、伝統的なスポーツとしての一面があります。
単純なルールで初心者にもわかりやすく、個人種目だけでなく団体種目もあること、風や水面の状態など自然条件によってレース展開が左右されることなど、奥深さもある競技です。

ボート競技のさまざまな種目

ボート競技の種目には、大きく分けて「スウィープ」と「スカル」の2つがあります。1人が1本のオールで左右どちらかを漕ぐ方法をスウィープ、1人が2本のオールで左右対称に漕ぐ方法をスカルといいます。
競技会ではスウィープとスカルは細かく分類されて行われます。1人で競技するシングルスカル、2人競技のダブルスカルとペア、4人競技のクォドルプルスカルとフォア、8人競技のエイトです。さらに、これらに舵を取る選手を加えた形の種目もあります。

おすすめの記事