「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新日本プロレスヒール軍に紛争勃発、今後の展開にも期待高まる

2018 11/4 15:00鈴木善勝
リングⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

内乱!裏切り!新日本プロレスヒール軍紛争勃発

現在、新日本プロレスでは、3種類のヒールユニットが存在する。オカダカズチカ率いる「CHAOS」と、ケニーオメガ率いる「BULLET CLUB ELITE」。そして、新たにジェイ・ホワイトがメンバーに加入したタマ・トンガ達が率いる「BULLET CLUB OG」だ。

今、そのユニット内で紛争が勃発し、大きな変革が起ころうとしている。それぞれのユニットの置かれている状況、及び所属するレスラー達の紹介とともに、各ヒールユニットの将来について伝えていきたい。

ヒールでありながら、コミカルな一面を見せる「CHAOS」

2009年から続く新日本プロレスの代表的なヒールユニット「CHAOS」。初代リーダーはWWEで活躍する中邑真輔だったが、現在は現役ナンバー1と言っても過言ではないオカダカズチカが事実上リーダーを務めている。

以前はヒール色が強かったが、現在は各レスラーのクリーンな戦い方や白熱した試合展開からか、その色も薄れている。所属レスラー達のコミカルな一面もあり、ブーイングよりも声援が多いユニットだ。

しかし、現在のCHAOSは破滅の危機にある。海外遠征帰国後から、ユニットに参加していたジェイ・ホワイト、そしてCHAOS結成時から参加する邪道、外道の裏切りである。特にオカダと長い間、苦楽を共にした外道が離脱したことは、大きな波紋を呼んだ。

裏切った3人が新たに選んだ場所。それは現在のCHAOSにはないヒールの存在と、本来の意味を見出す場所だった。

おすすめの記事