「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

軽量級最強の2人組を決める戦い、SUPER Jr. TAG LEAGUE開幕!

2018 10/16 11:00鈴木善勝
プロレスリング,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

軽量級最強の「二人組」を決めるリーグ戦

数ある格闘技の中で、「タッグ」という概念があるのはプロレスだけだろう。プロレスというスポーツの娯楽性をより高めるためにつくられた、2対2で行われる試合方式だ。「タッグこそプロレスの醍醐味」とも言われ、様々なドラマがタッグマッチによって生まれてきた。

10月16日より、新日本プロレスでは軽量級選手のタッグリーグ戦「SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018」が開催される。軽量級の試合となると、華やかな飛び技やスピーディな連携が期待され、非常に見ごたえのあるリーグ戦になることは間違いないだろう。

本大会に出場する選手達の魅力を伝えるとともに、大会の見どころを解説していきたい。

注目の"新パレハ" 龍の遺伝子を受け継ぐ者・鷹木信悟

10月8日、内藤哲也率いるユニット「Los Ingobernables de Japòn」に加わる、新たな"パレハ(仲間)"が発表された。

「THE DRAGON」とコールをされて現れたのは、前日にプロレス団体「DRAGON GATE」を退団して、フリーに転向したばかりの鷹木信悟だった。DRAGON GATEで最も権威のある王座「オープン・ザ・ドリームゲート王座」に4度輝き、14年間もの間DRAGON GATEを盛り上げて来た張本人だ。

鷹木はパワーで相手をねじ伏せるタイプのレスラーで、軽量級が数多く所属するDRAGON GATEにおいて、相手選手を強引に放り投げる姿は圧巻であった。新日本プロレスでも軽量級として活動するが、重量級のレスラーと戦っても負けず劣らない力を秘めている。

本人も「デカい相手とやり合いたい」と言っていたこともあり、新日本プロレスの軽量級の中では異端と言える存在だ。その鷹木は、同じユニットで活躍するBUSHIとタッグを組み、本リーグ戦に挑む。

スピードのBUSHI、パワーの鷹木。お互いタッグを組むのは初めてでコンビネーションには不安もあるが、非常にバランスの取れたタッグチームとなっており、優勝候補と言っても過言ではないだろう。

おすすめの記事