「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスの聖地“後楽園ホール”で試合を見るときの楽しみ方

2017 2/9 09:26
東京ドームシティ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.tokyo-dome.co.jp

プロレスの醍醐味は、やはり目の前で戦いが繰り広げられる“ライブ”での観戦です。 そんなプロレス観戦で一度は訪れたい聖地といえば、やはり東京の水道橋にある“後楽園ホール”ではないでしょうか。 そこで、後楽園ホールの歴史や観戦の方法、周辺のスポットなどをも合わせてご紹介していきます。

プロレスの聖地“後楽園”と呼ばれる歴史とは

東京の水道橋にある東京ドームシティの5階、通称「青いビル」にある“後楽園ホール”。ピンクレディーなど昭和のアイドルを誕生させた「スター誕生!」や、長寿番組「笑点」の収録会場としても知られています。 後楽園ホールの始まりは、1962年4月にさかのぼります。
最初はボクシングの常設会場としてスタート。その後に日本プロレスの力道山が亡くなり、常打ちの開場が売却されたため、1966年に日本プロレスの「ウインター・シリーズ」を“後楽園ホール”で開催。それから半世紀以上にわたり、プロレスの聖地としてファンに親しまれています。

プロレスの試合でのチケットの取り方とは

次に、後楽園ホールで行われるプロレスの試合のチケットの購入方法をご紹介します。 興行によって異なりますが、ベーシックな方法としては「ローソンチケット」や「チケットぴあ」など、各種プレイガイドで購入できます。また、席が空いていれば、当日券も販売される場合があります。
しかし、せっかく試合を見るのですから、リングサイドなどの近くの座席から観戦したいですよね。その場合に確実なのはホームページなどで購入すること。団体によってはオフィシャルファンクラブの会員が優先されるため、好きな団体があれば事前に入会しておきましょう。

おすすめの記事