「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスで着用する自己表現のアイテムでもある衣装をご紹介

2017 2/9 09:26
プロレスラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://news.nicovideo.jp

プロレスラーにとって、衣装は自己表現をするための大切なアイテムです。 単に戦いやすいというだけではなく、コスチュームを見ただけで選手がイメージできるような印象を考えてチョイスしています。 今回はプロレスラーの衣装にスポットを当ててご紹介していきます。

プロレス定番の“ショートタイツ”と“ロングタイツ”系の衣装

まずはプロレスの定番の“ショートタイツ”と“ロングタイツ”系の衣装をご紹介します。
プロレスラーといえばショートタイツのビキニタイプがもっともポピュラーかもしれません。ジャイアント馬場選手、アントニオ猪木選手、長州力選手などもビキニタイプでした。理由としては、肌の露出が多く、ふとももの筋肉をアピールできるためと考えられます。たしかにボディビルダーもビキニですよね。 ロングタイツも定番で、肌の露出は少ないものの、デザインに自由度があります。
たとえば故・橋本真也選手は裾広がりのロングタイツを着用。オリジナリティにあふれており、選手の魅力をさらに引き立てました。

巨漢レスラーをイメージさせる“ショルダー系タイツ”の衣装

“ショルダー系タイツ”は、肩から胴にかけて、そして下半身のタイツと一体となった衣装です。 レスリング選手などもこの衣装ですが、プロレスでは巨漢レスラーに多く見られるコスチュームです。肩紐があるため全身の脂肪を引き締めやすく、筋肉を目立たせて動きやすくなる効果もあります。このコスチュームには両肩にかける形と片方の肩から斜めにかけるタイプの2つがあります。
ビッグバン・ベイダー選手、スーパー・ストロング・マシン選手、曙選手などのパワーファイターが愛用しています。

おすすめの記事