「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テンションが上がる!有名プロレスラーの入場曲

2017 2/9 09:26
プロレスリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www5.nikkansports.com

プロレスラーたちそれぞれに、リングへと向かう入場曲があるのをご存じですか? もしかしたら、これから始まる試合の勝敗を左右するといっても過言ではない!? そんなかっこいい入場曲をご紹介します。

まずは王道!アントニオ猪木選手の入場曲「炎のファイター」

プロレスファンでなくても、アントニオ猪木選手の現役時代を知らなくても、この曲「炎のファイター」は誰もが聴いたことがあるのではないでしょうか。この曲が生まれたきっかけは、1976年に日本武道館で行われたアントニオ猪木vsモハメド・アリの世紀の異種格闘技戦でした。
ドローとなった死闘の結果、二人には友情が生まれたと言われており、この「炎のファイター」はアリ選手が猪木選手にプレゼントした自身の映画のテーマ曲をアレンジしたものだそうです。

スタン・ハンセン選手の入場曲!「サンライズ」

ウエスタン・ラリアットで有名なスタン・ハンセン選手。日本にラリアットを知らしめたスタン・ハンセン選手の入場曲は、1980年代にジャパニー
ズEW&Fと呼ばれ、奇抜な衣装で活躍したブラスロックバンド・スペクトラムの「サンライズ」。 スタン・ハンセン選手やスペクトラムでピンと来なくても、バラエティー番組などで乱闘シーンになったら流れる曲と言えばお分かりになる方も多いかもしれませんね。この入場曲には仕掛けがあって、前奏にケニー・ロジャースさんの「So In Love With You(君に夢中)」という曲をくっつけて作られたのだそうです。

おすすめの記事