「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスユニット“バレットクラブ”をご紹介

2017 2/9 09:26
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://sports.yahoo.co.jp

日本ではもっとも古い歴史をもつプロレス団体の“新日本プロレス”。 そこから生まれたのが、ほぼ外国人選手で構成された強面たちのヒール軍団“BULLET CLUB(バレットクラブ)”です。 そんな悪役レスラー軍団の成り立ちや、バレットクラブの人気の秘密などをご紹介していきます。

BULLET CLUB(バレット・クラブ)の意味とは

BULLET CLUB(バレット・クラブ)のBULLETを訳すと“銃弾”です。そしてCLUBは“団体”と武器にも使える重い“こん棒”の意味を持ちます。
そんな危険な香りのするバレット・クラブは、まさに悪役キャラが集まったヒールな団体です。元CHAOSの高橋裕二郎選手を除いて全員が外国人選手であり、強面だけでなく“カッコイイ”キャラも人気の秘密です。“銃弾”の意味を込めピストルの引き金を引くポーズが定番のスタイルとなっています。

プロレス団体“バレットクラブ”の成り立ち

2013年に開催されたタッグマッチで、プリンス・デヴィット選手がIWGPヘビー級王者棚橋弘至選手から勝利を奪いました。その後、王座への挑戦を提言しシングルマッチが決定します。挑戦者プリンス・デヴィット選手は棚橋選手に敗北しますが、その後選手にたいしてTwitterで挑発的なツイートを発信し続けます。
IWGPジュニアヘビー級王座の防衛に成功したデヴィット選手でしたが、次第に悪役として暴走していきます。同年4月には田口隆祐選手とタッグチームを組みIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。敗北した試合後にチームメイトの田口選手を“用心棒”のバッドラック・ファレ選手と強襲。そして5月にはデヴィット選手とファレ選手がタッグを組み、田口選手&キャプテン・ニュージャパン選手組と対戦します。デヴィット選手は勝利を収め、ファレ選手と共にユニットBULLET CLUB(バレット クラブ)として名乗りを上げました。

おすすめの記事