「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新日本プロレスのヒールユニットCHAOSについて

2017 2/9 09:26
プロレスリング,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

過去にCHAOSにいた選手たち

過去にメンバーだった選手も、名だたる選手ばかりです。
詳しくお伝えすると、5代目ブラック・タイガー選手(追放)、カール・アンダーソン選手(追放)、ジャイアント・バーナード選手(脱退)、内藤哲也選手(追放)、キラーラビット選手(追放)、デイビー・リチャーズ選手(脱退)、ヒデオ・サイト―選手(追放)、高橋裕二郎選手(脱退→BULLET CLUBへ)、飯塚高史選手(脱退→鈴木軍へ)、アレックス・コズロフ選手(引退)、マイケル・ベネット選手(脱退)、マリア・ケネリス選手(脱退)、マット・ターバン選手(脱退)、中邑真輔選手(脱退)というメンバーがCHAOSで活躍していました。

CHAOSの有名タッグメンバー

現在、タッグメンバーとして、「ROPPONGI VICE」としてロッキー・ロメロ選手とバレッタ選手、「ブリスコ・ブラザーズ」として兄弟でもあるマーク・ブリスコ選手とジェイ・ブリスコ選手がいます。
ROPPONGI VICEはIWGPジュニアタッグ王座を2回獲得し、SUPER Jr. TAG TOURNAMENTでも2016年に優勝。ブリスコ・ブラザーズはCZW世界タッグ王座、FIPタッグ王座、GHCジュニアヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、IWGPタッグ王座を獲得した経験があり、ともに活躍しています。

CHAOSの今後について

プロレスファンの中では、結成からずっとCHAOSを引っ張ってきた中邑選手が2016年にWWEに移籍という衝撃的なニュースが話題になりました。中邑選手は中心的な存在だったため、CHAOSの今後を心配したファンも多かったのではないでしょうか。
しかし、結成当初から、各選手のツイッターやブログで、メンバー同士で飲むなど仲が良い場面が見られます。そのような結束力が強いチームなので、今後もプロレスを盛り上げてくれること間違いナシ!また、メンバーへの誘いをずっと固辞していた強者の後藤洋央紀選手も2016年からメンバーになり、今後の活躍から目が離せません。

まとめ

ユニットは突然の加入・脱退もみどころです。 CHAOSの今後がどうなっていくのか、また、ツイッターやブログでの仲の良さも、リング上とは大きなギャップがあり魅力的です。 そんなCHAOSをぜひ応援していきましょう!

おすすめの記事