「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレス界の革命戦士・長州力さんについて解説します!

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://number.bunshun.jp/

長州力さんはプロレス界の人気スターであり、オリンピックに出場するなど、エリート街道をまっしぐらに走ってきた人物です。 そんな長州力さんの生い立ちや功績などをご紹介します。

長州力さんの生い立ち・その1

長州力さんは、小学生の頃は柔道をしていました。小学生から始めた柔道は中学生の段階で山口県のチャンピオンになっています。高校からはレスリングに転向し、団体優勝を果たしました。
プロレスを始めたきっかけはスカウトです。専修大学卒業後に新日本プロレスに入門しました。1974年8月8日に日大講堂でエル・グレコさんと戦い、サソリ固めで勝利しています。
ちなみに、デビュー当時は「長州力」ではありませんでした。当初のリングネームは「吉田光雄」という日本名を名乗っていました。

長州力さんの生い立ち・その2

プロレスを始めてからはテレビに長州力さんが登場することも増えました。タイトルマッチも多く、チャンスをもらうことが多かったようです。
今ではお笑い芸人さんのネタになるほど人気のあるスタイルをしていますが、当時長州力さんの人気はさっぱりでした。長髪が人気の時代にパンチパーマ、さらにお腹が出ている体に、華やかさのない無骨と思われるファイトで後輩に人気を持っていかれていました。
しかし、実力は抜群で、ストロング小林さんをぐぐっと抜いてヘビー級の3番手に浮上したり、NWA(ナショナル・レスリング・アライアンス)タッグ王座を保持するなどその実力は確実なものでした。

おすすめの記事