「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本プロレス最高峰のビッグネーム、ジャイアント馬場選手の魅力を解説

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://ironna.jp/

209センチの巨体から繰り出される圧倒的な迫力で、新旧を問わずプロレスファンを魅了し続けたジャイアント馬場選手。 61歳という早すぎる他界でしたが、彼がプロレス界に残した功績は多大です。 現役時代の活躍とともに振り返ってみましょう。

最初はプロレスラーではなく野球選手

新潟県三条市出身のジャイアント馬場選手は、小学校から野球を始め、中学・高校時代はエースとして活躍。身長は小学3年生の頃から伸び始め、高学年に差し掛かる時点で175センチ、高校時代には190センチを超えていました。 足のサイズも大きくなったため、高校時代は自分に合うスパイクがなく、一度は野球を辞めて美術部に在籍。
その後、野球部長のはからいによって特注スパイクを手に入れて野球に復帰すると、練習試合で三振の山を築くエースに。2年生で迎えた甲子園予選ではサヨナラ負けで敗退するも、後にファンでもある巨人から直々にスカウトがあり、高校を中退してプロ野球の世界に飛び込みました。

プロ野球では好投を見せるも解雇、日本プロレス入門

馬場選手は1957年にプロ野球デビュー。同年の中日戦で200勝がかかった杉下茂選手と投げ合い、5回1失点の好投を見せたことは有名な逸話です。二軍では3年連続で2ケタ勝利を挙げる活躍を見せましたが、幹部の評価は今ひとつで、1959年のオフに解雇通知を受けました。
しかし、巨人時代に馬場選手を評価していたコーチとともに大洋への移籍が決まっていたため、悲観することなく翌シーズンに向けて準備するも、キャンプ中に風呂場でひじに大怪我を負い、入団はご破算。1960年4月、巨体を生かしたスポーツで生計を立てようと、力道山選手に直訴する形で日本プロレスに入団します。

おすすめの記事