「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新日プロレス生みの親、アントニオ猪木選手の功績を解説

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://sports.yahoo.co.jp/

新日本プロレスの生みの親であり、モハメド・アリとの異種格闘技戦など数々の名勝負をくり広げたアントニオ猪木選手。 日本のプロレスラーの中でも最も知名度の高い人物の一人ですが、具体的にどのような功績を挙げたのかについてまとめてみました。

力道山にブラジルでスカウトされてプロレスデビュー

猪木選手は家族とブラジルに移住して農場で働いていた10代前半、遠征で訪れていた力道山選手にスカウトされ、1960年に17歳でプロレスデビューします(結果は敗戦)。
当初のリングネームは本名の「猪木寛至」。現在の「アントニオ猪木」は先輩レスラーだった豊登によって命名されたものです。師匠の力道山選手は、猪木選手を日系ブラジル人として南米における興行の目玉にしようとしていましたが、猪木選手のデビューから3年後の1963年末に亡くなりました。

新日本プロレス生みの親

猪木選手が1972年に旗揚げした新日本プロレスは、今でこそ全日本プロレスと人気を二分する国内のメジャー団体ですが、その6年前に立ち上げた東京プロレスはわずか3ヶ月で破産。仲介で復帰できた日本プロレスではジャイアント馬場選手とのタッグ、通称「BI砲」で人気もタイトルも獲得しましたが、団体との確執もあって1971年に追放処分となりました。
そこから新たに設立した新日も立ち上げ間もない頃は苦しい経営を強いられましたが、タイガー・ジェット・シン選手やスタン・ハンセン選手に代表される大物外国人の育成やWWWF(ワールドワイド・レスリング・フェデレーション)との提携によって、注目の対戦が増えて黄金時代を築きました。

おすすめの記事