「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレス界のレジェンド、天龍源一郎選手のキャリアを解説

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.daily.co.jp/

天龍源一郎氏といえば、最近はバラエティタレントとしてしゃがれた声を生かしてお茶の間で大人気ですが、プロレスラーとしてどれほどすごい人物だったかを知らない方も多いのではないでしょうか。 そこで、天龍源一郎選手の39年間に渡るプロレスキャリアをまとめてみました。

大相撲からプロレスの舞台へ

1950年生まれの天龍源一郎選手は、大相撲の幕内力士として、一時は西前頭筆頭まで昇進し、相撲界でも活躍する力士でした。
農家で育った天龍選手は、中学2年生の時には既に182センチ、82キロと規格外に。二所ノ関部屋の後援者が有望な力士候補を探していたところ、父が「うちの息子は大きい」と返答したことがきっかけで、視察に訪れた同部屋所属の元横綱・大鵬氏の勧誘を受けて1963年に入門。 しこ名を「天龍」として、1973年から幕内に16場所在位しましたが、親方の死去に伴う部屋の移籍問題もあり、1976年の秋場所を最後に廃業。プロレスへと転向したのです。

ブレークのきっかけはアメリカ再修行

1976年に全日本プロレスに入団した天龍選手は、元幕内力士として新人としては異例の注目を浴びることになります。入団後にすぐ渡米修行に出たため、デビュー戦は海外でしたが、国内でのデビュー(1977年)はいきなり全日のスター、ジャイアント馬場選手とのタッグを組んで白星を飾りました。
しかし、期待と扱いの大きさとは裏腹に、大相撲時の体格を残して闘っていたため、スタミナ不足によって負けが込み、人気は低迷。そこで、再び渡米して各地の団体を転戦し、1981年に日系ヒールとしてNWA(全米レスリング同盟)のミッドアトランティック・タッグ王座に輝きます。天龍選手にとっては、これが初タイトルとなりました。

おすすめの記事