「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスの性悪王者、鈴木みのる選手の魅力を解説

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://number.bunshun.jp/

新日本プロレス、総合格闘技のパンクラス、そして再び全日本、新日本プロレスに復帰と格闘技界を幅広く渡り歩いてきたプロレスラー、鈴木みのる選手。 独特の剃り込みとヒールキャラが特徴的ですが、プロレスラーとしてどのような功績を残してきたのか、その歩みに迫ります。

新日本プロレスに入団、2年でUWFへ

鈴木みのる選手は硬式野球の名門で知られる横浜高校の出身。プロ選手も数多く輩出しているレスリング部で国体2位の成績を残し、1987年3、新日本プロレスに入団しました。
翌1988年にデビューし、若くして注目株だったことから1989年にはアントニオ猪木選手との試合も経験するも、設立して間もない「新生UWF(ユニバーサル・レスリング連盟)」へと移籍。藤原喜明選手や船木誠勝選手らも入団したことで人気が高まり、東京ドームで6万人を動員するほどの人気を誇りました。

プロレスを離脱、総合格闘技パンクラス旗揚げ

一時は隆盛を極めた新生UWFですが、1990年に入るとフロントと選手間の争いが生まれて3団体(プロフェッショナルレスリング藤原組、UWFインターナショナル、リングス)に分裂。鈴木みのる選手は藤原組に参加し、当時顧問として在籍していたプロレスの神様、カール・ゴッチ氏の影響を受けました。
しかし、格闘技路線を志望した鈴木選手は、船木誠勝(ふなきまさかつ)選手らとともに藤原組を離脱。1993年に総合格闘技団体「パンクラス」を設立し、実力主義を掲げたスピーディーな試合展開が人気を呼びました。

おすすめの記事