「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスラー、タマトンガ選手の経歴と魅力に迫る

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://sp.njpw.jp/

新日本プロレスなどにフリー参戦し、ヒール的な存在として人気を誇るタマトンガ選手。 ロックバンド・KISSを彷彿とさせる異色のペイントメークが特徴ですが、その素顔はイケメンで実力者でもあります。 そんなタマ・トンガ選手の経歴と魅力をまとめてみました。

タマトンガ選手はトンガ出身、父も弟もプロレスラー

タマトンガ選手の本名はピート・フィフィタ。南太平洋にある島国、トンガ王国の出身です。そこから「南海の怪鳥」「南海の野生児」というニックネームがつきました。
父親はかつて大相撲の幕下力士だった福ノ島関で、全日本プロレスやアメリカのプロレス「WWF」などにも所属していたキング・ハク(ウリウリ・フィフィタ)選手です。また、弟はWWEでも活躍したタンガ・ロア(テヴィタ・フィフィタ)選手で、2016年からタッグを組んでIWGP王座のベルトをつかみ取りました。

2010年までアメリカ、プエルトリコで活動していたタマトンガ選手

二世レスラーであるタマトンガ選手は、父のキング・ハク選手からレスリングを教わり、かつてECWで活動していたユニット「ダッドリー・ボーイズ」が主催する「チーム3Dアカデミー」で修行。その後はインディー団体「WXW」で弟のテヴィタ選手とタッグを組んだり、シングルプレーヤーとして2009年にWXW TVでタイトルを獲得したりという活躍を見せました。
2010年にはプエルトリコでメジャー団体「WWC」に参戦。一度はタッグの王座戦に敗れたものの、翌日に対戦相手を襲撃して欠場させ、2対1でのマッチを組ませてベルトを奪いました。

おすすめの記事