「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスラー・高橋裕二郎選手について

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://bimajin.jp/

ヒール役で、会場では観客が引くぐらいの下ネタ全開、お色気女優などを侍らせて入場する高橋裕二郎選手。 調べていくとあれこれ出てきます。 そんな高橋選手の歴史と実は…をお伝えします。

高橋裕二郎選手の生い立ち

1981年生まれ、新潟出身の高橋選手。小学校、中学校と野球少年で捕手をしていました。高校生になってからレスリングを始め、3年生の頃、インターハイに出場するも1回戦で敗退。レスリングを究めたいとの探究心から、強者ぞろいの日本体育大学に進学し、4年生で全日本学生選手権グレコローマン84kg級王座という成績を残しました。
大学卒業後、プロレスラーの道を選びました。2003年、新日本プロレスに入門。厳しい練習と寮生活に耐え、2004年の山本尚史戦で高橋裕次郎という名前でデビューを飾りました。

高橋裕二郎選手の若手時代

デビュー翌年の2005年、首固めで勝利を収めた試合でアゴを骨折し、長期欠場を余儀なくされます。2006年には復帰を果たし、ZERO1-MAXで活躍。2007年にはIWGP Jr.ヘビー級王者初挑戦や、BEST OF THE SUPER Jr.初挑戦を果たし、大会優勝者にリーグ戦で勝利するなど実力を見せつけました。
2008年には内藤哲也選手とNO LIMITという名でタッグを組み、初タイトルの第22代IWGPジュニアタッグ王座を奪取。2009年には内藤選手とメキシコ遠征で活躍しました。

おすすめの記事