「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスラー、ロッキー・ロメロ選手について

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://boku-pro.com/

4代目ブラックタイガーとしても活動していましたが、主にタッグを組んで活動し、14年以上も2~3週間ごとに日本とアメリカを行き来してプロレスをしているというロッキー・ロメロ選手。 そんな彼の歴史を振り返ります。

ロッキー・ロメロ選手の生い立ちとプロレスラーになって海外での活躍

ロッキー・ロメロ選手は、1982年生まれのキューバ出身のプロレスラーです。高校生時代はフリースタイルのアマチュアレスリングをしており、柔術の経験も積みました。1997年に新日本プロレスLA道場に入門し、1998年にデビューをEWFのリングで果たします。
リッキー・レジェス選手とハバナ・ビットブルズというタッグチームを組み、UPW、MPW、IWC、EWFの4団体でタッグ王座を勝ち獲りました。2004年からはROHに参戦し、そこでも世界タッグ王座を獲得しています。その間、2002年には初来日し、新日本初参戦を果たしました。

ロッキー・ロメロ選手の日本への再来日後の活躍

2005年、4代目ブラックタイガーとして再来日し、タイガーマスクに勝利。IWGPジュニアヘビー級王座とNWA世界ジュニアヘビー級王座の2冠を獲得しました。
2009年にブラックタイガーのマスクを脱いで正体を知られるまでの間、ロッキー・ロメロの名前でノアに参戦したり、ROHでもNRCに加入し、タッグを組んでROHタッグ王座を再び獲得するなどの活躍を見せていました。 2010年には主戦場を新日本プロレスに移し、ヒールユニットCHAOSに加入して活躍しました。

おすすめの記事