「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスラー矢野通選手のあれこれを解説いたします!

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://shop.njpw.co.jp/iwgp/

アマレスのエリートと言われるほどの経歴を持つプロレスラー・矢野通選手。 ヒール役で知られているプロレスラーですが、ファンを大事にし、近い距離で楽しい時間をと飲食店も経営するという実業家の一面も。 そんな矢野選手の魅力に迫ります。

矢野通選手の生い立ちからプロレスラーになるまで

1978年生まれで東京都出身の矢野通選手。レスリング経験者の父の指導で7歳からアマレスを始めました。 中学高校時代は大活躍で、全国高校選抜レスリング選手権や全国高校総合体育大会など、数々の全国大会で優勝しました。大学時代もさらに飛躍し、数々の大会を制しました。その中でも、世界学生選手権の日本予選97kg級で優勝、全日本学生選手権ではフリースタイル部門とグレコローマン部門を制覇するという偉業を遂げています。
そんなレスリング界のエリートは、新日本プロレスのアマレス部門である闘魂クラブに入団し、翌年新日本に入門。プロレスラーの道を歩みます。

プロレスラーになってから2005年海外への武者修行

2002年、ブルー・ウルフ選手を相手にデビューを果たしました。2003年には総合格闘技のバンクラス両国大会に挑戦し、残念ながら敗退しましたが、戦いの幅の広さで内外から高く評価されました。
2004年には金髪、田吾作タイツ、半被、下駄姿の酒飲みキャラでヒールレスラーに。反則負けをとられることも何度かありました。2005年には武者修行として蝶野正洋選手のバックアップでドイツへ旅立ちました。その間、初代EPWタッグ王座をケンドー・カシン選手と獲得しました。

おすすめの記事