「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者必見!プロレス観戦の「トリセツ」まとめ

2017 1/10 14:42
試合 観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Khakimullin Aleksandr/Shutterstock

「一度でいいからプロレスを生で観てみたい!でも、初心者にはわからない約束事とかあるんじゃ……」。そんな心配をしている方に向けて、チケットの取り方、服装や持ち物、観戦マナーをまとめてみた。これを読むだけで、プロレス観戦の基本的知識を習得することができる!

プロレスのチケットの取り方は実に簡単!

プロレス観戦のチケットを買う方法は3つあります。
1つ目は「チケット販売サイト(ぴあ、イープラスなど)を利用する」だ。ほとんどの団体はチケット販売サイトに試合のチケット販売を委託しているが、これがもっとも確実な方法である。2つ目は「試合会場で購入する」だ。当日券はもちろんだが、前売り券も会場内のチケット売場で購入できるのが通例である。3つ目は「団体の公式サイトから購入する」だ。ただし、公式サイトではチケット販売をしていない団体もある。
なお、いわゆる「ダフ屋」には気をつけてほしい。人気のある興行ではチケットの入手も困難になるが、だからといってダフ屋から買うのは違法行為の手助けをすることになるので、絶対にやめよう。

プロレス観戦で注意したい「服装」と「持ち物」

プロレス観戦の会場はとにかく熱気に満ちている。冬に観戦しに行くとよくわかるが、試合が終了した後、会場を出ると外気のあまりの冷たさに驚くことがある。それほど会場内は熱気でムンムンしているということだろうか。
したがって、プロレス観戦に適した服装とは、季節にかかわらず、「着脱の容易な格好」である。また、場外乱闘で客席に選手が飛び込んできたときにすばやく逃げることができるよう、「靴の選択」には注意が必要だ。女性の場合は、高いヒールの靴は避けた方が無難だろう。
また、持病のある人は、急な体調不良に備えて常備薬などの携行を忘れずに。ほとんどの団体の興行では、会場内でリングドクターが待機しているが、あくまで試合でのアクシデントに対応するのが仕事であり、客席での急患の対応はしてもらえないこともあるのでご注意を。

おすすめの記事