「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

泥臭さが魅力のプロレスラー、後藤洋央紀選手の解説

2016 12/21 10:03
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://number.bunshun.jp

無骨な見た目とそれに添うようなパワーファイターであるプロレスラーの後藤洋央紀選手。 そんな後藤洋央紀選手の活躍シーンや生い立ち、ギャップが惹かれる天然エピソードなどをまとめてみた。

後藤洋央紀選手の生い立ち

後藤洋央紀選手は、三重県桑名市出身の、新日本プロレス所属のプロレスラーだ。同じく新日本プロレス所属の柴田勝頼選手とは同級生で、三重県立桑名工業高等学校でともにレスリング部を立ち上げた。国士舘大学時代には、アマチュアレスリングで上位入賞もしている。
大学卒業後の2002年4月に新日本プロレス入りを果たしたものの、肩を壊していったん新日本プロレスを離れた。しかし、同年の11月に新日本プロレスに再入団を果たす。

無骨な試合展開が魅力の後藤洋央紀選手

荒武者のリングネームで親しまれている後藤洋央紀選手は、泥臭くてアツい試合展開が魅力的だ。リングを降りると、別人のように天然ぶりを発揮するのもギャップ的な魅力のひとつである。インタビューでの受け答えやブログやツイッターなどの方向性も、若干おかしなワイルドさが際立つ。
好成績を残してはいるものの、大一番での負けが多くトップに上がれないところも、応援したくなる要因のひとつとなっている。オリジナル技が多く、体格が良く迫力があり、見栄えもいいため、ファンからも愛されている選手だ。

おすすめの記事