「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新日本プロレス注目選手、内藤哲也選手を解説

2016 12/21 10:03
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://number.bunshun.jp

新日本プロレスの生粋のファンであり、ヒール転向後爆発的な人気を持つ内藤哲也選手の生い立ちや経歴などを解説する。 「トランキーロ(焦るなよ)!」でおなじみの内藤哲也選手の言葉のプロレスにも注目だ。

内藤哲也選手の生い立ち

内藤哲也選手は、小・中学生の頃は野球とサッカーに明け暮れた少年時代を過ごし、プロレス界の大スター武藤敬司さんにあこがれて、高校生の時にアニマル浜口ジムに入門した。
デビューから才能を期待されてジーニアスと呼ばれ、次の新日本プロレスのエースと目されていた内藤哲也選手。ジュニア級ではそれに見合う活躍をしていたものの、ヘビー級となった頃には、強いけれども大事なところで勝ちきれず、主要タイトルに手が届かない日々が続いた。

内藤哲也選手のメキシコ遠征後の変化

その後、メキシコ遠征でのプロレス団体「CMLL」(スペイン語で制御不能という意味)加入を経て、内藤哲也選手は変わった。
それまでの好青年キャラクターとは異なる見た目や、やる気の見えない態度、ラフなプレースタイルは、まさに制御不能状態で、試合後の記者の声掛けを無視したり、タッグを組んだ相手がやられている中、我関せずで見殺しにしたりすることもあった。 そんな内藤選手の状態に、ベビーフェイス役であるにもかかわらず、何をやってもブーイングの嵐が巻き起こっていた。

おすすめの記事