「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

人気プロレスラー、真壁刀義選手について

2016 12/21 10:03
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://sp.njpw.jp

プロレスに入団してからも長いあいだ苦労人だった真壁刀義選手。 そんな真壁選手が人気レスラーになるまでを徹底解説する。

真壁刀義選手の生い立ちからプロレスラーになるまで

真壁刀義選手は、1972年生まれで神奈川県出身のプロレスラーだ。中学生の頃から柔道をしており、帝京大学時代に二段に。学生プロレスでも活躍しており、リングネームはプリン真壁だった。
大学卒業後の1996年に新日本プロレスの入門試験を受けて合格。約1年のトレーニングをした後、1997年に真壁伸也(本名)でデビュー。同期や後輩がどんどん有名になっていくなか、真壁選手は結果を残すことができず、長州力選手の付き人を長いあいだ務め、厳しい練習にも耐えていた。

真壁刀義選手の長かった下積み生活

2000年、若手の登竜門と言われるヤングライオン杯で準優勝。2001年に武者修行で海外へ。英連邦インターコンチネンタル王座(イギリス)を獲得後、プエルトリコで修行。2002年に帰国するも、しばらく結果を残すことはできなかった。
2004年にはG1 CLIMAXに初挑戦。この機にリングネームを真壁刀義に変更した。2005年は怪我で試合を長期欠場し、2006年に復帰。鎖を巻いて入場するスタイルがトレードマークに。結果を残せず馬鹿にされたことや、会場ではブーイングも多々あったが、それをプラスにしたのが真壁選手だった。

おすすめの記事