「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

常に期待されているプロレスラー中邑真輔選手について

2016 12/21 10:03
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://news.biglobe.ne.jp

新日本プロレス入団当時から期待され、そのまま期待にこたえ続け、スター街道を走り続けている中邑真輔選手。 生い立ちから今に至るまでをまとめてみた。

中邑真輔選手の生い立ちから

1980年生まれで、京都出身の中邑選手。中学生の時はバスケットボールに励み、大会では優勝に貢献するほどの実力を持っていた。そして、中学卒業でプロレス入りを志望したが、高校に進学してからでも遅くないと説得され、進学した学校でレスリングに励む。
高校卒業後にプロレスの道を志すも、大学からのスカウトや、親からの意見で大学進学を決心。大学ではレスリング部と美術部に在籍し、美術部では画家として展覧会に。レスリング部では主将も務め、総合格闘技のトレーニングもしていた。

中邑真輔選手の新日本プロレスでの活躍

2002年に新日本プロレスに入団し、8月にデビューを飾った。レスリングと総合格闘技トレーニングの実績で期待の新人で、デビュー戦後は、LA道場でのトレーニングをさせてもらうという新人では異例の待遇に。
そして、翌年の2003年、デビュー1年にも満たない時期に、選ばれし者が出場できるG1 CLIMAXに初出場した。その年、IWGPヘビー級王座にも初挑戦。デビューしてから最速で最年少という記録で王座奪還を果たし、現在(2016年)もその記録は破られていない。
その後も2度のIWGPヘビー級王座、IWGP U―30無差別級王座、5度のIWGPインターコンチネンタル王座、G1 CLIMAX 1度の優勝と2度の準優勝、IWGPタッグ王座、NWFヘビー級王座、数々のプロレス大賞など、数えきれないほどの王座に輝いている。

おすすめの記事