「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実力派プロレスラー、棚橋弘至選手について

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://sports.yahoo.co.jp

怪我で欠場していた時期も多かったものの、第一線で長い間戦い続けている棚橋弘至選手。 タイトル獲得数などの実績も尋常ではありません! この記事では、そんな棚橋選手の魅力をお伝えいたします。

棚橋弘至選手の生い立ちからプロレスラーへの思い

棚橋弘至選手は、1976年生まれで岐阜県出身のプロレスラーだ。高校時代は野球に力を入れ、そこで基礎的な体力と筋肉をつけたそう。弟の影響を受けプロレスに興味を持ち、大学では学生プロレスサークルに在籍しながら、レスリング部にも助っ人で参加し、インカレにも出場した経験がある。
大学生時代には、両国で7連戦あるG1 CLIMAXをすべて現地で観戦したり、WWEの試合映像を毎週録画して送ってくるアメリカ在住の先輩がいたので、その映像を見たりもしていた。

棚橋弘至選手がプロレスラーになるまで

日々募るプロレスラーになりたいという夢を叶えようと、大学生時代に新日本プロレスの入門テストを受け、大学3年生の終わりに3回目で念願の合格。学校は中退して入門することを決心していたほど、早くプロレスラーになることを望んでいたが、長州力選手のすすめで、大学を卒業してから入門することに。
そして1999年4月、大学を卒業して待ち望んでいた新日本プロレスに入門した。しばらく武藤敬司選手の付き人をして、10月にはデビューを果たす。

おすすめの記事