「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレス界の看板スター「オカダカズチカ」選手の気になるトピック

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://sp.njpw.jp/

オカダカズチカ選手といえば、所属する新日本プロレスだけでなく、日本のマット界を代表する看板スター選手だ。 老若男女たくさんの熱狂的なファンを持つ若き天才レスラーの素顔に迫る。

抜群の運動神経を誇ったオカダカズチカ選手の子供時代とは?

オカダカズチカ選手は、1987年愛知県生まれ、現在29歳。デビュー当初は本名の岡田和睦で戦っていたが、アメリカ武者修行から帰国後、現在のリングネーム「オカダカズチカ」に改名した。
中学時代から野球、陸上で鳴らしたオカダ選手。愛知県大会の陸上100メートル走で優勝するなど、抜群の運動神経で有名だった。中学卒業後、高校には進学せずプロレス学校へ。16歳でリングデビューを果たした後、2007年、19歳の時に新日本プロレスに入団し、現在まで続く華々しいキャリアをスタートさせた。

不遇時代から米国修行……そして「オカダカズチカ」誕生へ!

191センチの身長や天性の運動センス。レスラーとして成功する条件に恵まれたオカダカズチカ選手だったが、新日本のマットデビューからしばらくの間は不遇の時代だった。
全国から猛者の集まる新日本プロレスでは、オカダ選手クラスの才能はごく普通に存在していたからだ。ライバル団体NOAHとの対抗戦に新日本代表チームの一員として参戦するも、全敗という不甲斐ない結果に終わったオカダ選手は、心機一転、アメリカでの武者修行に挑む。
本場のプロレスに揉まれ、技と心、そして日本人離れしたパワーを身につけたオカダ選手は、「レインメーカー」というキャッチフレーズと共に2012年に帰国。IWGPヘビー級王座を保持する棚橋弘至選手に挑戦状を叩きつけ、フィニッシュフォールドの「レインメーカー」を炸裂させて見事フォール勝ち。
25歳という史上2番目の若さでIWGP王座に輝いたことで、オカダ選手の存在とレインメーカー(お金の雨を降らせる奴)の名は瞬く間に日本のマット界に広がっていった。

おすすめの記事