「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

観戦前にチェック!プロレスの基本ルールをざっくり総ざらい

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pukhov Konstantin / Shutterstock.com

「一度プロレスを生で見てみたいけど、どんなルールがあるのかな?」そう考えている人にこのまとめをお届けする! プロレスの基本ルールはとても簡単だ。 ここだけ押さえておけばOKというポイントをわかりやすく5つにまとめた。

相手がいればそれでよし。プロレスの試合形式はとにかく「自由」

プロレス観戦でまず押さえたいルールは「試合形式」だ。
一般的に行われているプロレスの試合形式では、相撲やボクシングのようなかっちりとした枠はない。1対1もあれば、タッグマッチのような2対2のチーム戦、なかには「バトルロイヤル」のように「一度に何人ものレスラーがリングに上がり、最後までリング上に残ったレスラーが優勝」という変わった試合形式もある。
また、試合時間についても定まったルールはない。「30分一本勝負」といった時間制限のある試合ばかりではなく、「時間無制限」の試合もある。アントニオ猪木選手とマサ斉藤選手が巌流島で行った試合では、「レフェリーも観客もなし、ノールール、完全時間無制限」という特殊な試合形式だったこともあり、決着がつくまでに2時間以上かかった。

華麗なプロレスの技の数々!でも「ポイント」は加算されない

テレビなどでアマレスを見ていると、プロレスの試合でもよく見かける「投げ技」や「締め技」を目にするだろう。しかし、アマレスとプロレスの技では決定的な違いがある。それは「アマレスの技はポイントを稼ぐため、プロレスの技は相手にダメージを与えるためにある」ということだ。
最近のレスラーたちは非常に研究熱心になっており、相手にダメージを与える技をどんどん開発しては試合で披露して、観客の反応をうかがう。プロレスの技は、相手選手を倒すためにあるものだが、それ以上に観客を楽しませるための演出という役割を担っている。プロレスのリング上で繰り出される華麗な技の数々は、どんな大技であろうとも「ポイント」とは一切無関係なのだ。

おすすめの記事