「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大阪城ホール】へ行こう!オススメの楽しみ方5選

2016 9/23 11:08
室内アリーナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪城ホールというと、コンサートやライブといったイメージを持っている人も多いと思います。これをいうとみんな驚かれますが、実は以外にもこの大阪城ホールはスポーツを目的とした大規模室内ホールなんです。 今回は、大阪城ホールの魅力についてご紹介したいと思います。

大阪城ホールの歴史

大阪城ホールは、1983年に建設された大規模アリーナです。大阪城築城400年を記念して建設されたため、大阪城の青屋口に構えられています。国際級の室内陸上競技会を開催することができる規模の室内アリーナとしては、日本初の建物です。正式名称は、「大阪城国際文化スポーツホール」ではありますが、一般的には大阪城ホールと呼ばれており、近所の市民には「城ホール」や「城ホ」という愛称で親しまれています。
大阪城ホールの珍しいところは、周囲の景観を損ねないために、1階部分が地下に埋められており、地上からは2階部分しか見えない、一風変わった施設です。

大阪城ホールの概要・アクセス

大阪城ホールの最大収容人数は、16,000人であり、アリーナ席で4,500人、客席で9,000人、立見席で2,500人ではありますが、これは中央にリングを置いた場合の収容人数です。もし、コンサートとかもう少し大きなスポーツになると、最大では10,000人前後の収容人数となります。
敷地面積は36,351㎡、建築面積は14,539㎡あり、室内アリーナとしては、日本でも最大級です。大阪城の周辺にあることから、周囲が石垣に囲まれているなど、一般的なアリーナの印象とは大きく異なります。 大阪城ホールへのアクセスは、電車などの利用がメインとなります。JR大阪環状線の大阪城公園、大阪市営地下鉄大阪ビジネスパーク駅からそれぞれ徒歩5分と非常にアクセスが良いです。

大阪城ホールで開催されるスポーツ

大阪城ホールには、サッカーや野球でいうホームチームというものはありませんが、様々なスポーツが行われています。 多く開催されるスポーツとしては、プロレスやボクシングなどのアリーナの中央にリングを置いたスポーツです。定期的に開催され、多くのプロレスファンやボクシングファンを熱狂させています。またその他にも、バスケットボールの試合や、全日本マーチングコンテストの本戦会場となっています。
そして、ちょっと変わったイベントとしては、毎年12月にプロ野球ナンバー決定戦!バトルスタジアムが開催され、プロ野球選手の普段見ることのできない姿が見られます。

大阪城ホールのその他の施設

大阪城ホールには、周辺にもスポーツを行う施設があります。一番大きなものでは、大小2つの野球グラウンドが併設されており、アマチュアやジュニア球児たちが日々試合や練習を行っています。
また、少し変わったものとしては、大阪城弓道場が併設されています。大阪城弓道場では、これまで弓道をしたことがない人でも弓道を体験できるイベントや、実際に弓道の作法や協議を教えてもらうことができる弓道教室が開催されています。全10回のレッスンで、15,000円と非常にリーズナブルですので、是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

大阪城ホール周辺の観光スポット

大阪城ホール周辺の最大観光スポットといえば、やっぱり大阪城です。歴史ある大阪城は近年改修が行われ非常にきれいになっております。また、足が不自由な方でも天守閣まで登ることができるようエレベーターも設置されています。季節ごとに艶やかな花が彩られる、大阪城公園も併設されており、1年中楽しむことができます。
さらに、大阪城のお堀の外周では、多くの市民ランナーがマラソンを行っていたりと非常ににぎわっており、市民に愛されたスポットといえるでしょう。 その他にも、少し電車に乗れば、大阪梅田や心斎橋、難波といった繁華街に行くことができるので、遊ぶことには事欠かないでしょう。

まとめ

大阪城ホールは、コンサートだけでなく様々なスポーツに対応したアリーナです。 歴史もあり、規模も大きなアリーナですので、是非一度は行ってみてほしいです。

以上「【大阪城ホール】へ行こう!オススメの楽しみ方5選」でした。

関連記事

おすすめの記事