「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あっという間に腹筋を割るための6つの約束

2016 8/30 05:51
鍛えた男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by I T A L O/Shutterstock.com

腹筋をカッコよく割りたい方へ。
今まで何度も挑戦したけれど、なかなか続かなかったという方も多いのではないでしょうか。
本記事では、毎日欠かさずやることで腹筋が割れる方法を紹介いたします。

まずは食生活を見直そう。

腹筋に限らず、まずは食生活を改善することが重要になります。どんなに効果的な運動を行っても、贅肉が付きやすい食事をしていると効果が薄れますし、逆の考え方として筋肉に変えやすい成分の食事をすることでより効果的に腹筋を割ることができます。
重要なのは、脂質が多い食事は避けることです。バターたっぷりのパンなどは食べて美味しいものですが、その見返りとして贅肉が付いてしまいやすくなります。また、炭水化物をいかに減らすかも重要です。日本人のソウルフードであるご飯ですが、炭水化物の塊です。なるべく量を減らして、野菜などにシフトする方が腹筋強化という面では効果的です。

有酸素運動で効率よく脂肪を消化。

シックスパックを手に入れるのは非常に困難なミッションです。まずは、全身から筋肉をつけやすい体質にすることからスタートしたほうが良いです。その代表的な方法として、有酸素運動があります。短距離走では一瞬で最高のパフォーマンスを発揮することを目的としていて、無酸素運動となります。逆に、有酸素運動とはじっくりと体を動かすことで、一般的には20分以上運動を続けることを言います。
有酸素運動の方が、脂肪をより消化できることで知られています。まずは軽いランニングを時間をかけて行い、じっくりと脂肪を消化して痩せやすい体を手に入れましょう。

腹筋に作用するトレーニングを用いる!

魅力的な腹筋を手に入れるのであれば、やはり腹筋に作用するトレーニングをする必要があります。代表的なトレーニング方法として腹筋運動があります。膝を伸ばした状態で仰向けになって寝転がり、その状態から上半身だけで起き上がる運動のことですが、最初のうちは結構辛いです!
ただ、何度も実践することで徐々に回数をこなせるようになりますので、自分の体と相談しながら回数を徐々に増やしていきます。 ポイントとしては、なるべくゆっくりなモーションで行うことです。勢いを付けて行うと、実はあまり効果がないのです!
特に、寝転がる際はゆっくり行うと、じわっと腹筋に作用して効果的なトレーニングとなります。

おすすめの記事