「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンタナからナダル、カレノブスタへ。スペイン選手が強い理由

2017 11/10 12:24跳ねる柑橘
ラファエル・ナダル選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインテニスの強さの秘密を知ろう

スペインは世界的に見てもテニスが盛んな国だ。各地にテニスアカデミーが設けられ、スペイン国内だけでなく世界中から有望な子供たちが集まっている。日本人選手のダニエル太郎選手も拠点はスペインのバレンシアだ。

多様な人材を集めて国内テニスを盛り上げることが出来ているのは、大先輩から現在のトッププレーヤーへと受け継がれてきたスペインテニスの文化と歴史があるからだ。
現在の選手についてだけでなく、過去にどのような選手が活躍してきたのか、その秘密はどこにあるのか、そして各選手を追うだけでなく、スペインという国としてのレベルを見ることで、スペインのテニスをより深く知ることができるだろう。

現代のスペインテニスといえばこの人

スペインを代表するテニス選手といえば、もちろんラファエル・ナダル選手だ。2017年10月25日現在キャリア通算でシングルス75勝をあげている彼は、ご存知の通りクレーコートの大会にめっぽう強い。

全仏オープンで10回、グランドスラムに次ぐマスターズ1000に該当するモンテカルロ・マスターズで10回、BNLイタリア国際(通称ローマ・オープン)で7回、そして母国スペインで行われるATP500のバルセロナ・オープンで10回という驚異的な優勝記録を誇る。

このすべてがクレーコートなのだから、赤土の王者という異名が付くのも頷ける。もっともクレーコート以外のサーフェスが苦手というわけではなく、あらゆるサーフェスでタイトルを勝ち取り続けている。

おすすめの記事