「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

デフアスリートたちの快挙!トルコ・サムスン2017年夏

2017 10/13 10:05kero
デフリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本選手団、過去最多のメダルを手に凱旋!

去る2017年7月18日~30日、トルコ・サムスンにおいてデフアスリートー聴覚障害のあるアスリートのためのスポーツの祭典、第23回夏季デフリンピック(IOC承認)が開催された。今季、日本選手団は過去最多のメダルを獲得し、日本に凱旋した。

第23回夏季デフリンピックへは日本から選手108名、スタッフ69名、総勢177名が派遣された。日本選手団の参加種目は、陸上、バドミントン、テニス、卓球、水泳、自転車、空手、ビーチバレー、サッカー男子、バレー男子、バレー女子の11競技。

日本選手団のメダル獲得数は金6、銀9、銅12、計27個の快挙である。前回のソフィア大会を超え、目標を大きく上回る結果を手にした。
メダル総獲得数の国際比較においては最多がロシア、次にウクライナ、そして韓国に続き上から6番目。(中国、イランは総数34個で同率5位)。ちなみに日本は前回の2013年ソフィア大会では、金2、銀10、銅9を獲得している。

デフリンピックの歴史はパラリンピックよりも古い

デフリンピックの歴史は1924年に遡る。第1回は、1924年8月にパリにて開催された。当時はデフリンピックという名称ではなく、「インターナショナル・サイレント・ゲームス」という呼称だった。
イギリス、フランス、ベルギーを始め、当時の西欧、東欧諸国を含めた9カ国、総勢148人が参加している。日本は1965年米・ワシントンDCで開催された第10回デフリンピックから参加。当時は日本から7人が参加している。

おすすめの記事