「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

腕の力で誰よりも速く!車椅子マラソンのタイム

2017 7/10 10:25ゆうり
車椅子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 blurAZ/Shutterstock.com

かなりのスピード感を味わえる車椅子マラソン。 3輪タイプのレーサーと呼ばれる競技用車椅子に乗り、大きな後輪を腕の力だけでこいで走る。 その時の速さはどれくらいなのだろうか? 今回は車椅子マラソンの最高記録や平均時速などを、一般的なマラソンと比較しながら紹介する。

車椅子マラソンの世界記録

車椅子マラソン男子の世界記録は、1999年大分国際車椅子マラソン大会でスイスのハインツ・フライ選手が出した1時間20分14秒だ。健常者の男子マラソンの世界記録は2時間03分59秒だ。
車椅子マラソン女子の世界記録は、2013年大分国際車椅子マラソン大会で日本の土田和歌子選手が出した1時間38分07秒だ。健常者の女子マラソンの世界記録は2時間15分25秒だ。
男子も女子も、一般的なマラソンより車椅子マラソンの方が遥かに速いことがわかる。

車椅子マラソンと健常者マラソンのスピード比較

車椅子マラソンの平均時速は31.7km、健常者マラソンの平均時速は20.4kmなので、約1.5倍の速さになる。5kmのラップで比較すると、車椅子マラソンの場合は10分、健常者マラソンは15分。100mのラップは、車椅子マラソンが11.4秒、健常者マラソンが17.6秒になり、それぞれのラップで車椅子マラソンは、健常者マラソンの2/3のタイムで走れることがわかる。
車椅子マラソンのトップ選手の場合は、公道を走る50ccのバイクを抜き去るようなスピードで走っているようだ。

おすすめの記事