「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ろうあ障がい者のオリンピック!デフリンピックの大会内容とその歴史

2017 7/10 10:01Ai Sugimoto
手話
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Photographee.eu/Shutterstock.com

デフリンピックという国際的なスポーツ大会を耳にしたことがありますか。これは耳に障がいがある人たちを対象としたスポーツ大会です。2017年7月には第23回夏季大会がトルコで開催されました。ここではデフリンピックの概要をはじめ、その歴史やパラリンピックとの違いを説明します。

デフリンピックって何だろう?

デフリンピックは一言でいうと「聴覚障がい者のためのオリンピック」。オリンピック、パラリンピックと同様に4年に一度開催されています。もちろんデフリンピックも、夏季・冬季で大会が開催されています。
デフリンピックという名前は、ろう者を示す英語の「Desf(デフ)」と「オリンピック(Olympics)」を掛け合わせて作られた言葉です。デフリンピックは歴史のある大会です。今の名称は2001年から使用されていますが、聴覚障がい者の国際スポーツ大会として、90年以上の歴史を持ちます。

デフリンピックの歴史は?

デフリンピックがはじめて開催されたのは、今から約90年以上前の1924年8月にフランス・パリで開催された夏季大会です。最初の大会に参加したのは9カ国、145選手。
その後はヨーロッパを中心に開催され、1965年はじめてヨーロッパ以外の国で開催されました。この時の開催地はアメリカ・ワシントン。日本がはじめて出場したのもこの大会です。
はじめての冬季大会は夏季大会開催から約20年後の1946年にオーストリア・ゼーフェクトで開催されました。この大会に参加したのは5カ国、33選手でした。

おすすめの記事