「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トヨタ復帰で注目度急上昇!世界ラリー選手権のルールを紹介

2017 6/13 12:41出井章博
WRC
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ivan Garcia/Shutterstock.com

日本では目にする機会が少ない世界ラリー選手権だが、世界ラリー選手権は世界最高峰のレースの1つであり、世界的に人気のレースなのだ。今回は世界ラリー選手権のルールについて紹介する。

世界ラリー選手権の概要

1973年に世界各所で行われていたラリーレースを組織化して、ラリーレースの最高峰として国際自動車連盟(FIA)が作ったのが世界ラリー選手権だ。世界ラリー選手権は頭文字を取ってWRCと略される。
FIAが作った国際自動車レースとしては、1950年に作られたフォーミュラタイプの自動車の最高峰F1世界選手権に次いで古い歴史がある。タイトルはドライバー部門と、ドライバーをナビゲートするコ・ドライバー部門、そして製造した自動車メーカーに与えられるマニュファクチャラー部門がある。

世界ラリー選手権の競技方法

世界ラリー選手権の競技方法は、スペシャルステージ(SS)と言われる公道や競技場に作られた特別なコースでタイムアタックをして、所要時間で競うスペシャルステージラリーだ。リエゾンあるいはロードセクションと呼ばれるスペシャルステージ間の移動は、一般車に交じって、交通法規に従って移動する。
木曜日から日曜日までの4日間ほどの間に20前後のスペシャルステージでのタイムアタックを行うのが標準的なスケジュールとなる。スペシャルステージの合計走行距離は300から400km、リエゾンを加えた1つのレースの合計走行距離は1,000kmから2,000kmにも及ぶ。また夜間を走ることもあり、過酷なラリーレースとなっているのだ。

おすすめの記事