「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロードレースやラリーとは?モータースポーツの種類や特徴を紹介!

2017 6/13 12:41ユタロー
モータースポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Doug James/Shutterstock.com

意外に知られていないが、世の中にはかなりの種類のモータースポーツがある。 モータースポーツが見せてくれる白熱の戦いに夢中になってしまう人も急増している。 今回は、そんなモータースポーツの種類や特徴を紹介する。

モータースポーツって一体?

モータースポーツは、車やバイクなどの人間の筋肉以外の機械の動力源を用いて速さを競い合うスポーツだ。
車を使用するものを自動車競技、バイクを利用するものをオートバイ競技と呼び分けることがある。 近年日本でも認知度が高まっているが、ヨーロッパなどでは乗馬競技などと同列の乗り物を使用するスポーツとして人気がある。
F1などの名称を聞いたことがあるという人は多いと思うが、ロードレースやラリーと聞いてもピンとこない人が多いかもしれない。

ベーシックなロードレース

ロードレースとは、一般的にモータースポーツと聞いてイメージされる競技だ。舗装されたサーキットコースなどで速さを競う。ロードレースはスプリントと耐久に分けることができる。
スプリント競技とは、有名なF1クラスのある競技であり、あらかじめ決められた距離を走る競技だ。
耐久レースとは、逆に距離は設定されておらず、決められた時間で周回数の多い選手が勝者となる競技だ。 どちらの競技もどこでスパートをかけるのか、無理をしてでも追い抜きをしていくのかなどの駆け引きを楽しむことができる。

自然との闘いであるラリー

ラリーは、サーキットなどのコースではなく、一般の道路や未舗装道を利用して速さを競う。 日本においては、全日本ラリー選手権という大きな大会が北海道で行われる。
ラリー競技はドライバー1人で戦うのではなく、ライセンスのあるナビゲーターという選手が同乗して、走るべきコースやタイムなどをしっかり管理して案内をしていく。 海外の大きなラリー選手権などでは公道を一定期間閉鎖して行われることが多く、距離も1,000km以上とかなり過酷なレースとなる。

ちょっと特殊なトライアル

トライアルは、これまで紹介してきたロードレースやラリーとは少し違った競技だ。主にジムカーナ、ダートトライアル、そしてドラッグレースが人気の競技となっている。
一番ベーシックなジムカーナは、舗装された広い路面にパイロンなどでコースを作り、どれだけ短い時間で走ることができるかを競う。
ダートトライアルは、海外にはない日本だけのスポーツだ。未舗装のサーキット場でタイムを競う競技だ。 ドラッグレースは、海外で人気の競技種目だ。400mや300mなどの短い距離の走行スピードを競う競技だ。

小さいけれど迫力満点のカートレース

最後に紹介するのは、カートレースだ。非常にコンパクトな車であり、フレームはパイプで、小さなエンジンを載せている。
小さいからと甘く見てはいけない。最高速度はかなりのスピードで、迫力満点だ。子供が出場することができるレースがあるので、入門としてももってこいだ。
プロのレーシングドライバーにはカートレース出身の選手も多く、ここで腕を磨いてステップアップしていくこともできる。公道を走らないので、本気ではなく趣味として楽しんでいる人もいるようだ。

まとめ

モータースポーツは、色々なレース形態があるので、様々な人が楽しめる競技だ。見るのも楽しいのだが、モータースポーツは現地の会場で体感するのが一番いいかもしれない。 ぜひ皆さんもモータースポーツを楽しんでみてほしい。

関連記事

おすすめの記事