「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北島選手も利用した!都内で競技練習の行えるプールを紹介

2017 6/13 12:41フェデ
水泳,プール,競技用
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by RDanailova/Shutterstock.com

ここでは、都内で競技用プールが完備してあるプールを紹介していく。 本格的に泳いでみたい方、集中してトレーニングしたい方向けのプールばかりだので、ぜひ参考にしてみてほしい。

ダイビングプールも完備。東京辰巳国際水泳場

メインプールは、50m×25mが10コースあり、競泳のみならずシンクロナイズドスイミングなど数多くの大会も行われている。2008年に北島康介選手が世界新記録を出したのもこちらのプールだ。
一般公開日には、泳力がある中学生以上が利用できる。また、ダイビングプールは、国内でも有数の本格的な施設になっているので、ライセンスを取得した方なら誰でも練習に利用できるのが良い。 水泳選手やマスターズ大会に参加している方も多く利用しているプールだ。

誰でも楽しめる東京体育館のプール

年間を通して利用可能な屋内プールになっている。25mプールは6レーン、50mプールは8レーン用意されており、個人でスイミングを楽しみたい方だけでなく、サークル活動のレーン貸しにも利用可能になっている。
営業時間帯も平日は深夜23時まで営業してるので、自分の利用したい時間帯に練習することができる。プールの水深が1.2m~2.2mまであるので、競泳や水泳だけでなく、シンクロナイズドスイミングの練習ができるのもうれしいプールだ。

おすすめの記事