「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売新聞社主催の日本スポーツ賞ってどんな賞?歴代受賞者紹介

2017 5/1 19:13芝田カズヤ
その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Annette Shaff/Shutterstock.com

毎年スポーツ界ではたくさんの記録やスター選手が誕生している。そのような記録を残したり、活躍した選手やチームに与えられる賞の1つが日本スポーツ賞だ。そんな日本スポーツ賞の歴代受賞者について紹介したいと思う。

日本スポーツ賞とはどんな賞?

日本スポーツ賞は、読売新聞社の主催で毎年行われるスポーツ賞だ。その年に活躍した選手やチーム、団体などに贈られる賞で、1951年から開始された。
受賞者の決定は、まず各競技団体からその年の推薦者が出され、その中から日本オリンピック委員会会長や、各競技の代表者などで構成される選考員会によって行われる。
賞にはグランプリの他に、オリンピックが開催される年に限りオリンピック特別賞(1964年から)、1999年以降は特別賞、奨励賞、特別功労賞が年によって授与されている。

2年連続グランプリ!伊調馨選手

最初に紹介するのはレスリングの伊調馨選手だ。伊調選手は、2015年と2016年の2年連続でグランプリを受賞している。過去に2年連続受賞をしたのは、2002年、2003年の北島康介氏(水泳)のみなので、2年連続受賞の凄さがわかるかと思う。
伊調選手は、2015年は世界選手権とアジア選手権で優勝、2016年は記憶に新しいリオデジャネイロオリンピックでオリンピック4連覇を果たすなど、世界を相手に圧倒的な力を見せ続けている選手だ。日本スポーツ賞の受賞は誰もが納得するものなのではないだろうか?

おすすめの記事